オタ系アラサー女のあれこれ日記

コスメ、美容、Kindle、テレビ・映画、本、美術など好きなものについていろいろ書き連ねます。

昔の映画?白黒?サイレント?つまんなさそう。ーそう思う人に一度でいいから見てほしいチャップリン映画

チャップリンといえば、ピチピチの上着にダボダボのズボン、大きな靴にステッキとシルクハット。顔にはちょび髭。その特徴的な姿のみならず、ペンギンのような動作までが、すぐに思い浮かびそうです。


彼は、数々のコメディ映画で俳優、監督、脚本、プロデューサー、作曲をつとめ、「喜劇王」とも呼ばれました。


映画の中では、ちぐはぐで、「へんてこりん」な格好をしているチャップリン

ところが、映画製作にかけては完璧主義で、3分ほどのシーンに342回のNGを出し、1年以上かけて撮り直したというエピソードも残っています。
こうしてこだわりをもって製作された映画には、あの手塚治虫も影響を受けたとか。

とはいえ、その作品は白黒だし、音楽や効果音はあってもサイレントだしで、昔の映画という感じで、なんかとっつきにくいですよね。
ですが、その「笑い」は現在にも通じるほど、洗練されているのです。(チャップリンの動きの細かさを見て!)
というか、大爆笑です。

最近、NHKのBSでチャップリン映画をしているのを見まして、とても面白かったので、今回ご紹介しますね。

 


①『黄金狂時代』(1925年)

チャップリン映画なら、まずはこれを見よう。

金鉱を探すために、雪深い山にやってきたチャップリン。猛吹雪のために転がり込んだ山小屋には、お尋ね者の男がいた。そこにまた、新たな金鉱探しの大男が避難してきて…。
止まない吹雪のため、はじまった三人のドタバタ避難生活。飢えすぎて鶏に間違えられ食べられそうになるチャップリン有名な靴を食べるシーンもお見事。手の動き、所作の美しさ、ナイフで靴を切り、靴ひもをフォークで巻き取る姿の華麗さは一見の価値あり。
ロマンスあり、ちょっと悲しさもありの抱腹絶倒映画


他の映画でもそうなのですが、チャップリンが滑稽な格好をしているために、映画中の他の登場人物に、よくバカにされるんですよね。
チャップリンって子どもの頃に苦労が多く、孤児学校を渡り歩き、生きるために床屋や印刷工、新聞の売り子などの仕事をして、時にはコソ泥を働くなどしていたそうです。
この時期に、チャップリンが辛い立場で、苦労をして様々な階級の様々な人間と関わったことが、映画での人間描写にも反映されているのでしょう。

というのは、弱い立場の者に対して、人間は取り繕ったり、へりくだったりする必要が少なく、本性をあらわにしやすいものと思われるからです。
チャップリン映画での人間描写に鋭さが感じられ、各人物の特徴が凝縮されているのも、そこで描かれているのが、弱い人間(子どもの頃のチャップリン・おかしな格好をしたチャップリン)への視線や態度だからではないでしょうか。

 

 

黄金狂時代 The Gold Rush [Blu-ray]

黄金狂時代 The Gold Rush [Blu-ray]

  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: Blu-ray
 

 

 

②『街の灯』(1931年)

ー手と手が触れ合ったときにわかること。

盲目の花売り娘のために、チャップリンが奮闘する。必死にお金持ちのフリをしたり、仕事をしたりして、娘に家賃や目の治療費としてお金を工面する。
他の主な登場人物は、自殺しようとしているところを、チャップリンに助けられたお金持ちの男。酔っぱらっているときは、チャップリンを友人として丁重に扱うが、酔いが醒めた瞬間すっかり忘れて、チャップリンをさっさと追い出してしまう。そのギャップも面白い。
割のいい仕事だと、チャップリンがボクシングに挑戦するシーンも笑えます。どうやって闘うの?って、そんなのありかよ!笑
笑えるだけでなく、恋と切なさありのすばらしいロマンス映画

街の灯(字幕版)

街の灯(字幕版)

  • 発売日: 2020/05/20
  • メディア: Prime Video
 

  (↑『街の灯』のみ、amazon prime videoにありました!)

 


③『殺人狂時代』(1947年)

ー戦争とは。殺人とは。

「一人の殺害は犯罪者を生み、百万の殺害は英雄を生む。」のセリフで知られる映画。政治色が強調される作品で、たしかにシリアスな場面が多いですが、意外と笑えるシーンも。
チャップリンと彼が殺そうとしている女性が、ボートに乗って釣りをするシーンも滑稽。釣り糸の先にまさかあんなものが…笑
上のセリフを含め(どうやらチャップリンのオリジナルの言葉ではないらしいが)、映画最後の方の主人公の殺人に関する言葉の数々、ヒトラーなど戦時中の映像がチラチラ映り込んだりして、戦争についても考えさせられる映画

殺人狂時代 Monsieur Verdoux [Blu-ray]

殺人狂時代 Monsieur Verdoux [Blu-ray]

  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: Blu-ray
 

 


チャップリン映画は声に出して笑えるほど、とても面白いです。

しかし、それだけではなく、かなしさや切なさ、ユーモアや皮肉、社会風刺があるところに、見ていて魅了されました。

 

緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだ不安な状況が続きますね。
このような昨今、自宅でチャップリン映画を見て過ごすのはいかがでしょうか。今回ご紹介したのは、とくに面白い作品(特に『黄金狂時代』がおすすめ!)や考えさせられる映画なので、お子さまと一緒にも楽しめると思いますよ。

2020年6月5日
akanees