オタ系アラサー女のあれこれ日記

コスメ、美容、Kindle、テレビ・映画、本、美術など好きなものについていろいろ書き連ねます。

ノイズキャンセリグイヤホンを買って騒音対策をしたら人生が変わった話

akaneesは数年前に集合住宅に住み始めてから、ずっと上階の騒音に悩んできました。


仕事の日も休みの日も、毎朝早くに騒音と振動に叩き起こされ、ひどい音がするたびにビクビクして、不眠症になり、毎日が本当に苦しくて辛くてたまりませんでした。
上階の方に相談しても、なかなか理解してもらえず、経済的に引っ越しをすることもできない。いったい、どうすればいいのか。
私自身がネットで騒音にどう対処すればいいのか調べて、そして家族とも話し合って、行き着いた先が、SONYノイズキャンセリングイヤホン、WF-1000XM4でした。

 

最初に言っておきますが、このイヤホンで完全に音を防げる訳ではありません。(実感として、種類によって、よくノイズキャンセリングできる音と、あまりできない音があるようです。)また、口コミやレビューなど見ていると、遮音の程度には個人差があるのかもしれません。

しかし私の場合は、騒音のことを気にせず安心して眠れるぐらいには低減されました。
大げさな表現ですが、このイヤホンのおかげで人生が変わったぐらいに、私にとっては救いになりました。


今回は、このイヤホンを購入するに至った経緯と、私が数あるノイズキャンセリングイヤホンから、最終的にWF-1000XM4を選んだ理由をご紹介したいと思います。
主に、睡眠時の騒音対策という視点から見て、なぜこのイヤホンを選んだのかについて、紹介します。
この記事が、騒音で苦しんでいる方の役に少しでも立てばうれしいです。

 


まず、上階からの騒音の内容ですが、具体的には子どもの足音とその振動でした。音は早朝の暗い内から始まり、平日は学校に行っている間は静かになって、帰ってきたらすぐにまた、足音が始まりました。休日なんかは、朝から晩まで部屋中を駆け回る音がずっと続くことも。
ゴンッ!ゴンッ!といった地団駄を踏むような音やドンドンドンドンといった走る音で目が覚めるところから朝が始まり、その後も足音やら物音やらが部屋に響き続け、本当に辛かったです。

といっても、子どものすることだからと、ずっと我慢をしていたのですが、しまいには物音が聞こえる度に動悸や、めまいが起こるようになり、ストレスから不眠症になって、日常生活を普通に送ることも困難になってしまいました。
ついに上階の方に相談をしたのですが、少しの間マシになっただけで、それからも騒音はなくなりませんでした。

 

ほんとうに、気がおかしくなりそうな日々でした。何度も泣いて泣いて、どうして家の中にいるのに、リラックスして過ごせないのだろう。仕事の日も休みの日も自分の起きたい時間まで普通に眠り続けることが許されないのだろう。そう考えている間にも部屋にはひどい騒音が響き続けています。テレビを見ていても食事をしていても横になっても休もうとしても、いつもいつも……動悸と睡眠不足が続き、精神が不安定になり家族との喧嘩も多くなり、実家に帰ろうと思いました。

 

そんなとき、家族がノイズキャンセリングイヤホンを勧めてくれたのです。
藁にもすがる思いで、購入したのがSONYのWF-1000XM4でした。

 

 

ではまず、どうして、数あるノイズキャンセリングイヤホンの中でSONYのWF-1000XM4を選んだのか、について

トップクラスのノイズキャンセリング性能
最近ではノイズキャンセリング性能があって、より低価格のイヤホンもたくさんあります。比べて、WF-1000XM4は、3万円程度と、私には高価格でしたが、たくさんレビューを見て、このイヤホンのノイズキャンセリング性能が、一番評価が安定していると感じたので、選びました。
結果的に、イヤホンをしても聞こえてくる音があるときに、「トップクラスのノイズキャンセリングイヤホンでも聞こえる音だ、仕方ない」と納得できるので、精神的にも良かったと思います。

ノイズキャンセリングONでの連続稼働時間が8時間
私が購入したときには、ノイズキャンセリングONで稼働時間がここまで長いイヤホンは、他にはありませんでした。長くても6時間、といったところ。(ノイズキャンセリング機能ONのときの連続稼働時間と、OFFのときの連続稼働時間が異なるところに注意です。)

日常使いには6時間でも十分なのですが、睡眠時に使用するとなると、眠っている途中で電源が切れてノイズキャンセリング機能がなくなり、結局騒音に苦しむことになれば元も子もありません。

 

他の選択肢
①dBud
ノイズキャンセリング機能はなく、電源も使わないのですが、環境騒音が抑えられるという耳栓です。レビューを見ていると、騒音に疲れやすく、ノイズキャンセリングの耳への影響が心配な方が、選ばれている印象。
価格が安ければ、ぜひ試してみたかったのですが、9000円程度と、お試しにはなかなか厳しい…もし、私が気になる騒音がほとんど軽減されなかったら悲しい、と不安で購入を断念。
私は耳に入ってくる騒音のボリュームをできるだけ、抑えることを優先しました。

 

Bose Sleepbuds II
不要なノイズをマスキングする自然音などサウンドを再生することで、騒音が気にならなくなり、またリラックスして寝つきがよくなるというの睡眠専用イヤホン。イヤーチップがソフトシリコンでできていて、横向きに寝ても耳が痛くなりにくいらしいです。(ちなみにWF-1000XM4は、横向きの角度によっては、耳が痛くなったりします。)しかしWF-1000XM4と同じ、あるいはそれ以上に高価格なうえ、ノイズキャンセリング機能がなく、睡眠用にBOSEが作成した、決まったサウンドしか聞けないというのがひっかかり、やめました。
でも、他の音を聞くことで、騒音が気にならなくなる、というのは良い考えだと思い、BOSEのものほどのクオリティではないのかもしれませんが、自然の音や環境音などを聞いてリラックスできるというスマホアプリ「Tide」(akaneesはiPhone使用)を使用しています。
こうした自然の音やホワイトノイズを聞くことで、他の音が気にならなくなるなんて、なんだか不思議ですよね。
アプリ「Tide」では無料で聴ける音は限られていますが、波やたき火、雨、森、夏の夜の虫の音、喫茶店のガヤガヤとした音、図書館の音など、バラエティがあって、好みの音を選ぶことができます。また、デザインはシンプルでおしゃれですし、お休みタイマーを設定することもできて便利で、おすすめです。

最初は音に過敏になっていたせいで、イヤホンをしても、かすかに聞こえる物音が気になったりしたものですが、アプリを併用することによって、より気になりにくくなり、またよく眠れるようになりました。

 

③WH-1000XM2
ちなみに、WF-1000XM4を購入する前に、一時期WH-1000XM2という、SONYノイズキャンセリングヘッドフォンを家族から借りて使用していました。
ヘッドフォンということで耳全体を覆うので、騒音を軽減する力は強めでした。しかし、私の場合ずっと付けていると頭を圧迫する感じがあって、落ち着かないし、寝返りも全く打てず、少し動いただけでズレたり痛くなったりで首が凝り、なかなか付けたままリラックスして寝ることはできませんでした。

 

次に、WF-1000XM4について、一般に参考にならないかもしれませんが、ワガママながら個人的に気になる点も


①電源が落ちるとき、2回のアナウンスが聞こえる
充電し忘れて、イヤホンを連続使用して眠っているときに、アナウンスの音で起こされてしまいます。もうすぐ電源が切れる、というアナウンスと、電源が切れるときのアナウンスの2回です。
現状、このアナウンスの音量を調整することもできないので、大きめの音でびっくりしてしまいます。

 

②イヤーピース(EP-NI1000(定価は2000円ほどです))
WF-1000XM4に付属のイヤーピースは、ノイズアイソレーションイヤーピース(EP-NI1000)といって、新しく開発されたものらしく、密閉感があり、騒音を抑える効果が高く感じられます。SとMとLサイズが最初から付属していますが、私の耳ではSサイズでも大きく、耳の中が痛くなってしまいます。だけど同じシリーズでSSサイズは、存在していないようなのです。
他の種類のものも試したのですが、イマイチ。イヤーピース選び、難しいです。

 

③時間指定の機能をつけてほしい(願望)

私がネット検索しても、ノイズキャンセリング機能が、耳の鼓膜に悪影響を及ぼすといった記事は見つけられませんでしたが、やはり、毎晩長時間使用するとなると耳への影響が心配ですので、その時間を最小限にとどめるに越したことはないと思っています。
上階の騒音が起きる時間をあらかじめ設定しておいて、ノイズキャンセリング機能を自動で起動したり、おやすみタイマーで、30分後に自動で電源が切れるようにするなど、できたら嬉しいですが、このような機能に需要はないのかなぁ(^_^;)

 


私自身、上階からの騒音に悩まされ、藁にもすがる思いで、どう対処すればこの苦しさから逃れられるか、たくさんネット検索をしました。
結果、本当に世の中には悩まれている方がたくさんいることを知り、驚かされました。しかし一方で、根本的な解決は難しく、上階の方の理解を得られるとは限らないし(もちろん、音を出す方にも、それぞれ事情や都合、主張がある場合もあるのだと思います)、上階からの物音を根本的になくすことのできるアイテムも見つけられませんでした。

 

私は、ノイズキャンセリングイヤホンを買うために、3万円近くの大金はかかりましたが、引っ越しをするよりはずっと安くで済んで良かったと思っています。


精神的に追いつめられていた夏頃に購入してから、もう半年以上、このイヤホンを使用しています。最近では、リラックスして眠れるようになり、精神的に本当に楽になりました。
以前のような動悸やめまいもなくなって、音への敏感さも大分、マシになったように思います。

 

今回の私の騒音対策のケースが、騒音に悩む皆さんにも合うかは、わからないのですが、騒音対策という視点からノイズキャンセリングイヤホンを選択する内容の記事が見つけられなかったので、この記事が少しでも参考になればうれしいです。

 

2022年4月21日
akanees